Googleの検索ランキングトップを競うコンテスト、優勝者決まる


 全世界を対象としたサーチエンジン最適化コンテストが開催され、7日(米国時間)、第1回目の優勝者が、あるオンライン・フォーラムの運営者に決まった。このコンテストは、決められたキーワードを『Google』(グーグル)で検索した結果、どれだけ上位に表示されるかを競うもので、優勝者はバックリンク戦術を使って自分のサイトを1位にランキングさせた。

 『SEOチャレンジ』と名付けられたこのコンテストでは、ウェブマスターやサイトの所有者があらゆる検索エンジン最適化(SEO)手法を駆使して、「nigritude ultramarine」という造語「ダークブルー」というような意味のラテン語をGoogleで検索した結果での1位を競い合った。スポンサーは、アフィリエイト・プログラムを扱うオーストラリアのマーケティング会社その名もダークブルー社と、SEOに関するオンラインフォーラム『サーチギルド・コム』だ。

 サーチギルド・コムのオーナー、クリス・ライディングズ氏は、次のように話している。「サーチギルドが存在する理由は2つある。サーチエンジンのランキング[の仕組み]を理解することと、楽しむことだ。このコンテストを開催したのも基本的には同じ理由からで、理由が重なるからこそやってみたかったのだ。『私が断言するのだから、このランキングに関する手法は有効だ』と口で言うだけなら非常に簡単だ。コンテストは、このように主張する人たちに、個々のランキングアップ手法が本当はどのくらい強力なのかを実証する場を与えるものだ。実際、このコンテストではったりは通用しない1位になるかならないかだ」

 最近ではサイト所有者の多くが、Googleでのランキングがビジネスの成否を決定する(日本語版記事)きわめて重要な要素の1つだと考えている。しかし、Googleはサイトのランキング方法を頻繁に変更する。これは、新たなサーチエンジン最適化手法を使ってシステムを欺こうとする人々をかわすためでもある。また、Googleは確かに誰もが認めるサーチエンジンのリーダーではあるものの、つねに最も適切な検索結果を表示するわけではないと考えている人々もいる。

 「このコンテストは、少し距離を置いて、ある検索エンジンが苦手にしていることでも、別のエンジンが上手にこなすといった点を指摘する、絶好の機会になっている。こうしたコンテストがこれほど明確な形で実施されたことは、今までなかった」とライディングズ氏。

 SEOチャレンジが始まった5月7日以降、1000人以上のサイト所有者やウェブマスターたちが、思いつく限りのあらゆる手段を駆使して、キーワードの「nigritude ultramarine」を使ったウェブページを数多く立ち上げた。

 第1回のコンテストで第1位となったオンライン・コミュニティーの所有者、ブランドン・スート氏は、勝因はおもにバックリンクによるものだと話している。バックリンクとは、他のサイトにあるキーワードからスート氏のサイトへと、通常のリンクと逆方向にハイパーリンクを張らせることを言う。

 「ある(サーチエンジン最適化の)専門家が連絡してきて、助力を申し出てくれた。勝因は色々あるが、この専門家の力に負うところが大きいと感じている。何といっても優秀なバックリンクに尽きる」とスート氏は述べる。

 Googleに関するウェブログを執筆しているフィリップ・レンセン氏は、第1回のコンテストの勝利を惜しいところで逃した。レンセン氏は3種類の検索エンジン最適化手法を組み合わせて使ったが、ライディングズ氏によると、まさに審査が行なわれた瞬間に、レンセン氏の順位は2位に転落したという。

 レンセン氏によると、同氏がおもに利用した戦略も、膨大な数のバックリンクを仕掛けることだったという。

 「自分のウェブログの読者に頼んで、『nigritude ultramarine』をキーワードに使って、リンクを張ってもらった。また、自由に制御できるサイトも、いくつか作っておいた。こうしたサイトはテンプレートを使っているので、たとえば、たった5分間で6万ページのバックリンクを簡単に作成できたりする」とレンセン氏。

 結局のところ、SEOチャレンジの参加者たちは、たとえ不当とみなされかねない行為であっても、勝つためなら何をしてもよかった。

 「このコンテストの目的が、効果のある方法とない方法を見定めることにある以上、こんな手法を使ってはならないなどという規則を定めるのは馬鹿げている。本当に使ってはならない手法であれば、Googleのインデックスから削除されるだろうから、コンテストには勝てないはずだ」とライディングズ氏は述べた。

| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。