将来有望、セルロースを使ったエタノール製造

 従来、エタノールのエネルギー収支は全体ではマイナスになると主張されていたが、『サイエンス』誌で紹介された新しい研究論文はこれが間違いだと指摘している。ただし、バイオ燃料が普及していくには植物のセルロースを使ったエタノール製造が前提条件になるという。

 『エタノールはエネルギー目標ならびに環境目標の達成に役立つ』という題のこの研究論文は、『サイエンス』誌の1月27日号に掲載された。その中に、「従来の研究はいずれも、トウモロコシを使った現在のエタノール製造技術はガソリンと比べれば必要な石油の量がはるかに少なくて済むが、温室効果ガスの排出量はガソリンと似たようなものだと主張している。……それでも、エタノール燃料を大規模に導入するためには、セルロースからのエタノール製造が必要になるのはほぼ確実だということが、すでに明らかになっている」という記述がある。

 今回の調査では6つの先行する研究を検討し、そのうちエタノールのエネルギー収支をマイナスとした2つの研究に関して、トウモロコシ飼料やコーン油など、エタノールの製造過程で生じる副産物の価値が計算に含まれていないと指摘している。「エタノール製造の副産物には経済的価値があるうえ、製造にエネルギーを要する競合製品に代わるものとなる」

 バイオマスを使ったエタノール製造技術の開発で先行する企業の1つ、デンマークのノボザイムズ社は現在、トウモロコシの実を取ったあとの茎や葉、木くず、スイッチグラス[ロッキー山脈に自生する多年生植物]などの農業廃棄物をブドウ糖に変える酵素を開発している。ブドウ糖はエタノールの原料として使える。

 ノボザイムズ社の米国法人のグレン・ネドウィン社長によれば、現在のエタノール製造コストは、原料がバイオマスの場合2〜3ドルだとすると、コーンスターチ(トウモロコシの澱粉)の場合1ドル7セントになるという。ネドウィン社長は、ノボザイムズ社が開発中の技術は、2、3年以内にトウモロコシを使ったエタノール製造技術とコスト面で並ぶとみている。

 セルロースの供給源のなかでもスイッチグラスは、栽培に手間がほとんどかからず、エネルギー密度が高いことから、特に魅力的だ。

 セルロースを使ったエタノール製造には将来性がある。残るのは、実用化の時期はいつか、という問題だけだ。

| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。