ポルノ女優とのセックスゲーム

リアルさが売り、ポルノ女優とのセックスゲーム
本記事は「ゲーム関連特集」で、アクセス数が多かった記事として再編集されたものです。初出は2005年4月18日です。

 有名ポルノスターのジェナ・ジェームソンとのセックスを夢見たことがあるだろうか? もしあるなら、あなたの夢はもうかなったも同然だ。

 エクストリーム3Dマルチメディア社(XStream3D Multimedia)からセックス・シミュレーションゲーム『VirtuallyJenna』が発売された。このゲームはシリーズの1作目にあたり、今後もジェナの公式サイト『クラブ・ジェナ』や米ビビッド・エンターテインメント社所属のポルノスターたちが続々と登場する予定だ。

 『VirtuallyJenna』の目的は、ジェナをオーガズムに導くという一見簡単そうなものだ。目的の達成を助けるために、大人の玩具から男女のセックスパートナー、『アダムス・ファミリー』シリーズに出てくる『ハンド君』のような身体のない「手」まで、いくつかのツールが用意されている。

 種類は限られているものの、服を選んでジェナに着せたり(あるいは何も着せなかったり)、自慰行為やパートナーとのセックスのポーズをとらせたり、スタジオで2人きりの写真撮影を行なったりもできる。

 このゲームに「勝つ」のはそれほど簡単なことではない。現実世界の女性と同じように、ジェナの性的興奮のレベルは、プレイヤーの行動とはほぼ無関係に上がったり下がったりするのだ。

 私はまず最初に、大人の玩具で刺激を与えながら、「手」で体を撫で回した。そして、男性キャラクターと共に、恥ずかしいポーズをいくつかとらせてみた。すると、ジェナは何度も「いきそう」と言ったが、彼女の『興奮メーター』(Excite-O-Meter)が頂点に達することはなかった。

 こうしたところが、リアルさをかもし出す仕掛けになっているように思う。

 そして、エクストリーム3D社のブラッド・エイブラム社長によると、『VirtuallyJenna』の開発者は、リアルさをとりわけ重視しているという。「現時点では、1年半前に発売されたパソコンでもきれいに表示できるよう、ジェナのレンダリングの品質を落とさざるを得ない」とエイブラム社長は話す。「しかし、あと1年か1年半もすれば、レンダリングの品質を高めて、写真のようなリアルさを出せるようになるだろう。今の新型パソコンは、最新式のグラフィックカードを(標準)装備しているからだ」

 ただ、筋金入りのゲーマーとなるとこの程度の動きや映像は見慣れたレベルかもしれないが、現時点のグラフィックでも、普通にゲームを楽しむ程度の人なら十分に満足するはずだ。私自身は、非常に感心した。ジェナの陰部の超クローズアップなどは、陰毛を剃っているのではなくワックス脱毛していることを示す影にいたるまで、本物のジェナ・ジェームソンのとそっくりだ。

 今のところ、ゲームそのものはかなり単純だ。しかし、エイブラム社長には壮大な計画がある。「われわれには出発点が必要だった。とにかく市場に出すべきだと思ったのだ」とエイブラム社長は話す。「この先はより高度な動画技術に(登録会員から得た)資金を投じ、背景となるストーリーや、より普通のゲームに近い挑戦イベントなどを盛り込んでいくつもりだ」

 今後のゲームの方向性は、登録者からのフィードバックを参考に決定される。「このやり方なら、誰も望まない機能の開発に無駄金を使わなくて済む」とエイブラム社長は説明する。

 では、プレイヤーたちは何を望んでいるのだろう?

 エイブラム社長は「ゲームに匂いを求めている登録者がどれだけいるかを聞いたらきっと驚くはずだ」と語り、インターネットを通して制御可能な匂い発生器『セント・ドーム』を導入できないか検討しているという。

 エイブラム社長はさらに、ジェナの体位や喜ばせ方を無数に提案する「デジタル・カーマスートラ」の開発についても言及している。

 将来的には、ジェナ・ジェームソンの3次元モデルを作る際に使われたものと同じ「写真を人物へと起こす技術」で、プレイヤー自身がゲームの世界に入ることができるようになる予定だ。また、音声を特注し、ジェナに自分の名前を呼んでもらうといった機能も追加される。また、本物の大人の玩具――ジェナ用ではなく、プレイヤーが自分で使用するためのもの――を付ける計画もある。

 『Xbox』や『プレイステーション』向けゲームの開発者がこれほど露骨な内容を扱うことはおそらくないが、エイブラム社長は、『VirtuallyJenna』が専用機向けゲームに欠けている要素を補うのにうってつけだと考えている。「たとえば『Grand Theft Auto』では、ストリップ劇場に足を運んだりもできる。そこで、ネット(の『VirtuallyJenna』)に行けば、ストリップ劇場の秘密の小部屋で行なわれているようなことが自由にできる。これは他のゲームでは決してできないことだ」とエイブラム社長は語る。

 ただし、『VirtuallyJenna』は「本物の」ゲームの単なるおまけでもなければ、目新しいだけですぐに魅力が失せてしまうゲームでもない。『VirtuallyJenna』は、ジェームズ・ボンドや『X-ファイル』の要素にセックスの要素をふんだんに盛り込んだ複雑なアクションゲームの土台となるものなのだ。

 エクストリーム3D社は『Jenna Jameson's Secret Online Service』という仮称のついたこのゲームを毎月少しずつ公開し、登録ユーザーがいつも次のコンテンツを楽しみに待てるようにしたいと考えている。


どこで体験できる? サイバーセックス

 コラムで、かつての素敵なサイバーセックスの世界は、どこに行ってしまったのだろうと嘆いた(日本語版記事)ところ、驚くほどの反響があった。素敵なサイバーセックスの場が減っていることについて、とうとうと意見を綴った電子メールがたくさん届いているのだ。そのうえ、「見つけたときは教えてほしい」というメールも、同じくらいたくさん届いている。

 セックスを話題にするチャットが衰退した原因については、ウェブベースの最新型ユーザーインターフェースが導入されたため、米アメリカ・オンライン(AOL)社のユーザーのようなチャット初心者が、IRC(インターネット・リレー・チャット)に殺到したせいだという意見が多かった。『セックス・ドライブ』の読者、「ギャレット」氏は、「それは、大規模なアダルト・チャットルームのいくつかにとっては、終焉を意味していた。まるで、最高に楽しいパーティーに、パリス・ヒルトンが突然500人も騒々しく現れたようなものだったからだ」と書いている。

 ただし、ギャレット氏は「オタクというのはたいしたもので、ハイテクへの知識を駆使して、メジャーになってしまったものとは別の楽しみ方を見つける人たちの集団は、いつの世にも存在する」とも指摘している。そうした人たちの集まるところには、素敵なサイバーセックスが残っている新参者や流行好き、烏合の衆や自動応答プログラムに邪魔されることもない。

 情けないことに私も初めて知ったのだが、素敵なサイバーセックスは、『マルチユーザーダンジョン』(MUD、多くの場合はテキストベースでプレイヤーが冒険を繰り広げるインターネット上の仮想空間)、『マルチユーザー・チャットキングダム』(MUCK、MUDの中でもプレイヤー同士のコミュニケーションに力点が置かれるもの)、多人数同時参加型オンライン・ロールプレイング・ゲーム(MMORPG)といったオンラインゲームの中で誕生しているようだ。

 ロールプレイング・ゲーム(RPG)には、想像力が豊かで、長期間にわたって空想を膨らませられる人たちが集まってくる。それに、オンライン化されても、RPGには孤独感はない。空想の世界を完璧なものにしていくには、心の冒険という体験を共有し、他のプレイヤーと交流することが不可欠だからだ。

 こうした能力をすべて持ち合わせていれば、最高のサイバーセックスだって楽しめるはずだ。

 しかし、サイバーセックスだけを目当てにゲームに参加するのはお勧めできないし、お楽しみにありつけるまでゲームの世界にいようとしても、とても気力がもたないはずだ。というのも、素敵なサイバーセックスは、素敵なセックスと同様に、まずは人間関係が必要となる。

 そうした人間関係を築くには数時間から数週間(サイバー空間では長い時間だ)もかかることがあるが、そこからサイバーセックスへと近づいていくためには、さらに関係を深めなければならない。互いのタイミングや、相手が最も反応するふざけ方、さらにはゲームの世界で互いが性的に興奮する空想がどんなものか、といったことを見定める必要がある。

 『Tapestries』や『Sociolotron』のような、性的なものをメインテーマにしているオンラインゲーム(日本語版記事)でさえ、プレイヤーは人間関係を築いたり、ゲームの世界を探検したり、事業や会社を興したり、軍隊を結成するといった手順を踏むよう促される。よりメジャーなオンラインゲーム『エバークエスト』、『DragonRealms』、『Second Life』などでも、他のプレーヤーとの浮気めいたやりとりから、結果としてサイバーセックスに至ることがあるが、むやみに口説き落とそうとすると、仲間はずれにされてしまう。

 オンラインであろうとなかろうと、また性的であろうとなかろうと、最高の人間関係は興味の対象が重なる相手と、共に時間を過ごすところから生まれる。つい最近までは、オンラインに接続してチャットをするだけで、同じ興味を持つもの同士が人間関係を深めることができていた。

 しかし今では、誰もがオンラインに接続するようになったため、それだけでは不十分になってきた。セックスには、ほとんど誰もが興味を持っているので、アダルトチャットルームに入るだけで好みが合う人が見つかるとは限らない。だが、自分のキャラクターを作って、J・R・R・トールキン[『指輪物語』などの作者]の小説に描かれているような世界で冒険をするというのにも、難点はある何百人ものプレーヤーの想像力が合わさって支えられているRPGは、非常に複雑で、きわめて熱心なプレーヤーでなければとても続けられないのだ。

 ゲームをやらない人にとっては、最近ではブログが同じ趣味の人を探す集いの場となっているようだ。セックス・ドライブの読者、「デブロン」氏は、自らのブログを通じてサイバーセックスに至った体験を、次のように書いている。「ブログをひととおり眺めれば、運営者の(人となりなどの)感じがつかめる。ブログの掲載内容に対して誘いかけるようなコメントを書き、それが1対1のメッセージ交換に発展すれば、非常に刺激的なやりとりになることもある」

 ブログは、新しい形態のアダルト・チャットなのだろうか? そうかもしれない。ブログにコメントを返すという形式は、電子掲示板(BBS)を懐かしむ古参のネット利用者に魅力的に映ることは明らかだ。しかも、サイバーセックス目当てにブログを訪問する者は、ほとんどいない。オンラインゲーム同様、ブログでもサイバーセックスは人間関係が築かれていく中で生まれている。

 素敵なサイバーセックスに欠かせない、一番大切な要素はストーリーだ。サイバーセックスは、自慰行為というよりも、エロティックな体験を共同で作り上げる行為に近い(そういう意味では、ポルノに近いとも言える。とは言っても、金を払ってする行為は、どんなものであれ、サイバーセックスとは言えない)。RPGをする時間がとれないとか、興味がないという人にとっては、エロティックな物語を掲載する「エロティカサイト」と呼ばれるサイトのチャットルームや掲示板が、サイバーセックスを見つけるのにうってつけの場となるかもしれない。

 セックス・ドライブの読者からも、『ピクシーズ・プレイス』、『エロティックストーリーズ・コム』、『リテロティカ』は、読み物だけでなく、コミュニティーもお勧めだという意見が届いている。

 世代が代わるたびに、前の世代に属する人たちは次の世代が使うメディアを不安視するものだ。サイバーセックスをしたり、探したりするのに費やされる時間が長いといって大騒ぎになるのも、こうした心理が一因になっていると私は思う。テレビがラジオに取って代わりはじめたときにも、心配する声はあったし、ラジオが朗読の時間を奪いはじめたときも、嘆きの声が聞かれた。おそらく、それまで口頭で語り伝えられてきた伝承が書物に代わったときも、世も末だと思った人がいたことだろう。

 現在はインターネットがテレビに取って代わろうとしており、人々は出来上がった物語をただ見るだけでなく、物語を作る喜びを再認識するようになった。文章を読んだり書いたりするのが好きな人たちはテキストを通じて相手を見つけ、音声のコミュニケーションが好きな人々はヘッドフォンとマイクを使い、映像が好きな人々はウェブカメラを通じて連絡し合っている。

 そして、そこで最も多く語られているのが、セックスの話題だというのも納得がいく。まだ素敵なサイバーセックスがあるとわかって私はとてもうれしい。ただし、見つけるには多少の努力が必要だけれど。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。