承認されるか? 風邪を早く治す薬

 シカゴ発医学界で初めて、普通の風邪を早く治せる薬が開発された。何十年という歳月を費やし風邪の治療法を探しつづけてきた科学者たちにとって、この薬は意義深い飛躍的進歩となる。

 残念ながら、この薬が鼻水を一瞬にして止めてくれるわけではなく、長年追い求められてきた治療法が本当に開発されたかどうかは、まだ議論の余地が残る。しかし、専門家たちは、この新薬の重要性についてほとんど疑念を抱いていない。

 この薬が薬局の店頭に並ぶのはまだ何ヵ月も先の話だが、服用した日のうちに風邪の諸症状を緩和し、普通より1日早く鼻水を完全に止めてくれる。

 専門家たちは、これは非常に重要な出来事だと述べる。症状が出るのがほんの数日間のウイルス性の病気で、それが1日短くなることは、望み得る限りおそらく最高の治療だろうというのだ。

 バージニア大学のフレデリック・ヘイデン博士は17日(米国時間)、米国微生物学会の後援を受けシカゴで開催中の感染性疾患に関する会議でこの研究成果を発表した。ヘイデン博士の研究を資金面で支援し薬の開発につなげたのは、米バイロファーマ社(ペンシルベニア州エクストン)だ。

 バイロファーマ社は7月、米食品医薬品局(FDA)に薬を販売するための承認申請を行なった。決定が下されるのは少なくとも数ヵ月先になるだろう。

 専門家たちはFDAに対し、新薬の承認にあたっていつも以上に慎重に検討することを期待している。というのも、健康な人が致命的でない感染症にかかった際に処方する治療薬は、絶対に安全なものでなければならないからだ。

 ウイルスの専門家であるコロンビア大学のスコット・ハンマー博士は、「安全性の問題は非常に重要だ。この上なく注意深く検討されることになるだろう」と語る。

 ヘイデン博士は、この薬『プレコナリル』(pleconaril)と呼ばれるによる大きな副作用をこれまで確認していないと述べる。同博士によれば、試験に協力したボランティアの中には、コレステロール値が一時的にわずかに上昇した人がいたものの、これは「臨床的に重大な影響を及ぼすものではない」という。

 薬は『ピコビール』(Picovir)という商標で医師の処方薬として販売される予定だ。バイロファーマ社は、薬の販売価格がいくらになるか今のところ明らかにしていないが、一般的な抗生物質剤と同程度の値段、つまり1回風邪を治す処方で40ドル以上になるだろうと述べる。

 市販の風邪薬の多くは、鼻水を止めたり痛みを鎮めたりすることで風邪の症状を和らげる。これと違ってプレコナリルは、ピコルナウイルスというウイルス群を直接攻撃する。ピコルナウイルス群には、風邪の約半数の原因となっているライノウイルスも含まれる。

 「ライノウイルスが原因で起こる病気にとって、これは初めての効果的治療だと言える」とヘイデン博士。

 この薬は、ウイルスの表面にある細かい溝に入り込み、ウイルスが人体の細胞に入り感染する仕組みをつぶして活動を阻止する。

 今回の申請は、バイロファーマ社にとって2度目の挑戦となるもので、薬がごく普通の風邪の回復を早めることを実証する臨床試験が行なわれた。先の試験は十分な統計的結果を示すことができなかった。

 最新の試験は1年前に行なわれ、風邪をひいたと感じた人に対してプレコナリルまたは偽薬が無作為に与えられた。試験に参加したボランティアは合計2096人で、風邪の兆候が現われたその日のうちに投薬が開始された。

 検査の結果、ボランティアの3分の2は実際にライノウイルスに感染していたことがわかった。そのうち、プレコナリルを飲んだ人は鼻水など風邪の諸症状が平均6日で完全に消えたのに対し、偽薬を飲んだ人は平均7日かかった。

 ボランティアは、薬局で市販される普通の風邪薬を飲んでもいいことになっていた。しかし、プレコナリルを飲んだ人は、その他の薬を使った人と違って、治療を開始した当日から症状の改善を自覚しはじめた。さらに、プレコナリル服用組の症状が半分程度になるのに3日かかったが、偽薬を飲んだ人たちは4日かかった。

 現在進行中の研究では、風邪をひいている子どもたちについて薬の効果を調べるほか、大学生を対象に風邪を予防する効能があるかどうかを調査ている。

 この調査では発熱している人が対象からはずされていたが、それは熱が出る風邪はライノウイルスによるものでない可能性があるためだ。

 ヘイデン博士によると、一般にこの薬は、ライノウイルスが風邪の主な原因となる春、夏、秋にかけて最も効果がありそうだという。晩秋から冬にはやる風邪は、違う種類のウイルスが原因である可能性が高い。

 医師たちは、患者が薬を飲みはじめる時期が早ければ早いほど風邪の治りも早くなる、と考えている。ヘイデン博士によれば、プレコナリルが最も効果があるのは、家庭にこの薬を常備しておいて、風邪の兆候を感じたらすぐに服用することかもしれないという。

 人が病院へ行く一番の理由は風邪だ。医師は風邪の患者に対してとりあえず抗生物質を処方することが多いが、抗生物質は風邪には効かない。

 FDAの諮問委員会は、来春にプレコナリルの承認審査を行なうことにしている。ヘイデン博士は、新薬が承認されるかどうかについては予測しなかったが、「承認されたら私は間違いなくこれを使うし、家族にも使わせるつもりだ」と語った。

 プレコナリルはまた、ライノウイルス以外に、ウイルス性髄膜炎や中耳炎などを引き起こす別種のピコルナウイルス群にも有効かもしれない。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。