セックスとテクノロジーがテーマの

ブログ・ベンチャー『フレッシュボット』
 メディア起業家、ニック・デントン氏は、新しいポルノグラフィー・ベンチャー事業、『フレッシュボット』(Fleshbot)を立ち上げた。このポルノグラフィーを扱う営利目的のウェブログ・サイトには、ポルノの守護神たちのご加護があるのかもしれない。

 これまでにゴシップがテーマのウェブログ・サイト『ゴーカー』と技術関連のウェブログ『ギズモード』を開設しているデントン氏は、今週、フレッシュボットを正式にスタートさせた。それはちょうど、淑女のイメージで通っているセレブでテレビのドキュメンタリー風バラエティー番組への出演が予定されている、パリス・ヒルトンのセックス場面を撮ったといわれるテープがバーチャル世界に流出するのと同じタイミングだった。このスキャンダラスなポルノ・ビデオの話題は主流メディアのニュースにも堂々と取り上げられ、フレッシュボットも注目を浴びた。

 しかし、こうした幸運とは別に、フレッシュボットはポルノグラフィーとテクノロジーの両方の愛好家向けのウェブマガジンとして、絶好の活路を見出したのかもしれない。テクノロジーは、今や多くのポルノグラフィーを生み出す原動力となっているからだ。

 「教養、知性、仕事を持ち、教育程度が高く、親からすでに独立していながら、ポルノに興味を持っている人たちが存在することを証明するのに、フレッシュボットは一役買ってくれると思う」と、カーリー・ミルン氏は述べている。ミルン氏はフレッシュボットのスカウト役で、ウェブを探し回って同サイトのためにフレッシュなリンク先を集めている。

 「もちろん、このサイトは性的な興味をそそるのが目的だ。しかし訪問者たちは、何とか性欲を処理して寝てしまおうとばかり考えているわけではない。写真そのものや、こうしたものに使われているテクノロジー全般についても興味を持っている」と、ミルン氏は語った。

 1日に数回アップデートされるフレッシュボットは、他のウェブログと同じような構成になっている。ポルノ関連の最新の出来事について、コメントや好き勝手な発言のログが随時更新され、おすすめのポルノサイトへのリンクがあったり、各トピックの横に写真が配置され、ブログロール[blogroll:ウェブログどうしの自動リンク]も付いていたりする。それだけではなく、一部の比較的洗練されたウェブログと同じように、コンテンツをカテゴリーに分類して掲載しており、しかもヘテロセクシャル向け、ゲイ向けにセクションが分かれている。

 アダルト系スター女優ジェンナ・ジェイムソン(ちなみに『グーグルファイト』[『グーグル』でのヒット数を比較するサイト]の結果は、パリス・ヒルトンに負けている)の張形のオークション、ハードコアDVDのレビューへのリンクの数々、豊富な写真、豊胸手術の出来映えを競う『レート・マイ・インプランツ』といったコンテストもある。

 しかしフレッシュボットが他のポルノサイトとひと味違うのは、気の利いた悪戯っぽい文章とすっきりしたデザインだろう。ちなみに、米ニールセン・ネットレイティングスの調査によると9月中、およそ3200万人の米国人米国のインターネット・ユーザーの24%にあたるがポルノ系のサイトを訪れたという。フレッシュボットでは、「素人」や「ハードコア」といった典型的なポルノのカテゴリーに加えて、「モーフ(Morph)」や「CGI」といったテクノロジー愛好家をターゲットにしたカテゴリーも掲げられている。

 たとえば、モーフのセクションのあるコンテンツに対して、フレッシュボットの編集とブログ作成を担当するジョンノ・ダダリオ氏が書いた次のような紹介文は、このサイトのトピック(セックス)、視点(テクノロジーとポップカルチャー)、論調(辛辣)、中身(写真)、カバーする範囲(国際的)を端的に示している。

 「(ウェブログ作者)の『ジャグエスクワイア』(JagEsquire)は、『トランスパレントスモーク』のサイト上で、男性誌『マキシム』が、今月号でハンガリー出身のスターの卵、ケイタ・ドーボの写真にレタッチ何てことだ!を施したとして、同誌を非難している。だが、これはまだましで、もっとひどくなる可能性もあったというのがわれわれの考えだ」

 「もっとひどくなる」という部分は、修正画像を収録した別のサイトにリンクしている。驚いたことに、変形されて大きくなっているのは有名なモデルや女優たちの胸のサイズではなく、鼻なのだ。

 セックス・ライターのスザンナ・ブレスリン氏は、ダダリオ氏の文章を「スマートで、セクシーで、皮肉が効いている」と評し、フレッシュボットは他のポルノを扱ったウェブマガジンがまだ獲得できていない読者層をとらえているという。それは新しもの好きで知的、かつポルノが好きな人たちだ。

 「フレッシュボットは、これからポルノが進んでゆく方向をよく表わしていると思う。鋭い知性があって、笑えて、新しい。フレッシュボットは、みだらな話を、低俗にならずに、スマートにみせることができると思う」と、ブレスリン氏は述べた。

 ロンドンの『フィナンシャル・タイムズ』紙でジャーナリストとして働いた経歴を持つデントン氏は、フットワークの軽い人物だ。同氏は、検索サービス会社のモアオーバー・テクノロジーズ社を創立したのち、ゴシップを扱う人気ウェブログ、ゴーカーなどを手がける出版社、ゴーカー・メディア社を立ち上げている。

 デントン氏は当初、最新の事業であるフレッシュボットに関するインタビューに応じるとしていたが、その後すぐに取材を断ってきた。同氏はその理由を、このサイトに関する噂がウェブ上でウイルスのように広まることで、ネットユーザーが「サイトについて自分で判断を下す」余地を残したいからだと説明している。

 しかし、フレッシュボットの前評判を煽ることにかけては、デントン氏は実に積極的だ。同氏は、このサイトに関する「内部メモ」を、開設直前に人気のウェブログ作者スティーブ・マクラフリン氏に対してリークしたという。このメモから、テクノロジーとポップ・カルチャーの両面におけるフレッシュボットのねらいを解き明かす手掛かりがいくつか読み取れる。

 メモには「コンピューターによって作られるポルノは、アーティストや倒錯者たちの奇妙でアンダーグラウンド的なつながりから生み出されたものだ。彼らは、ワイヤーフレームで描いた身体の各部分を交換し合っている。ポップアートの歴史を研究するという観点から、ポルノについて文章を書いてもいいはずだ」といった記載がある。

 ブレスリン氏は、デントン氏がメモをリークしたことについて、見事なメディア戦略だと評している。

 「フレッシュボットはビジネスだ。これはウェブログそのものや、人々が自らの手にメディアを取り戻しつつある現象とは事情が違う。利益を出すことが肝心なのだ。メディアに対して直接発言することなく、ウェブログ作者としての性格を残しながら大勢の注目を惹くように仕向ける、という二面性が面白い」とブレスリン氏。

 広告売上に頼るこのサイトが経済的に成功するかどうかは、今のところまだわからない。しかし、安価なソフトウェアを使っているうえ、コンテンツはそのサイト独自のものではなく、マーケティングもウイルスのように自然に広めていく費用のかからない手法を採用している。このため、投資されるコストはかなり低い。またデントン氏はすでに、ゴーカーに『アブソリュート・ウォッカ』のような大口の広告主を獲得している。

 ウェブログ作者の中には、8万ドルもの年収を稼いでいるとする人たち(日本語版記事)元ジャーナリストの場合が多いもいるが、大部分の作者はささやかな収入しか得ていない。そこで、デントン氏は「ナノパブリッシング・モデル」を用いて20数件余りのサイトを運営し、相当の売上を確保するつもりだという。

 もちろん、パリス・ヒルトンのニュースと同時期にサイトが立ち上がったというラッキーなタイミングが、プラスに働かないわけがない。有名人のセックスに関わるニュースを載せたことにより、フレッシュボットは開設初日にして17万件ものヒット数をたたき出した。

 フレッシュボットのスカウト役のミルン氏は、自身でもポルノを扱ったウェブログ『ポルノブログラフィー・コム』を運営している。ミルン氏は、「サイトがオンラインで公開されたとたん、[パリス・ヒルトンの]ビデオによる影響が現れたサーバーがダウンしてしまったのだ。私たちは、静止画とビデオ映像の両方を掲載した最初のサイトだった」と語っている。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。