体熱を電力に変える超小型発電装置で、電圧3ボルトを確保

 米アプライド・デジタル・ソリューションズ(ADS)社は9日(米国時間)、体の熱を電力に変える超小型発電装置『サーモ・ライフ』で、3ボルトの電圧を確保するのに成功したと発表した。サーモ・ライフはコインより小さなサイズながら、熱電変換技術を利用して体熱から電気エネルギーを生み出す。体に着ける医療機器や腕時計への活用を目指しており、実用化に一歩近づいたという。

 熱電変換物質の端と端に温度差があるときに電流が発生する性質を応用する。サーモ・ライフを体に装着すれば、体温と周囲の温度差などを利用し、10マイクロワット程度の微細な電流を得ることができる。セラミックを材料としており、大きさは約1センチ四方、薄膜化技術により超小型化を実現した。

 同社は昨年10月時点では、電圧が1.5ボルトにとどまっていると発表していた。目標の3ボルトを達成したため、量産技術の開発に力点を移すとしている。サーモ・ライフは電池と異なり、交換の必要がないため、医療機器の電源として期待されている。ADS社は、人体に埋め込むIDチップ『ベリチップ』も開発しており、両者を連携させたシステムが登場する可能性もありそうだ。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。