シリコン不足で太陽光発電の拡大に懸念

 クリーンエネルギーへの需要が引き続き高まるにつれ、2010年までには至る所で太陽光発電システムを目にするようになると、太陽エネルギーに携わる業界は予想する。ところがシステムに使用されるシリコンの不足が深刻になっているため、太陽エネルギーのさらなる普及に水を差す恐れがあるという。

 非営利団体『エネルギー財団』が先ごろ発表した太陽エネルギーに関する報告書では、仮に化石燃料を使う火力発電並みにコスト競争力を持つようになれば、米国の太陽エネルギー業界は、毎年60億ドルを超えるペースで成長する可能性があるとされている。

 技術の進歩により、今後5年間でコストの差はある程度小さくなると予想されるが、連邦政府が太陽エネルギーの産出・購入に関する税制上の優遇措置を拡大させる必要もあると、同財団のデビッド・ウーリー副会長は指摘する。

 太陽光発電に対する政府の現在の補助金レベルについて、ウーリー副会長は「雀の涙ほどのレベルからお笑いぐさのレベルに引き上げられた」と皮肉った。

 ウーリー副会長はドイツ流のインセンティブ・プランが望ましいと考えている。ドイツでは、太陽光発電量に応じて顧客に割り戻しを行なっている。コンサルティング会社の米ソーラーバズ社が今月発表した報告書によると、昨年の太陽光発電量は、米国の27%に対し、ドイツでは152%増加したという。

 太陽光発電能力は2004年に前年比で62%増えて927メガワットに達したが、2005年には成長を支えるための原料の確保が困難になる恐れがあると、ソーラーバズ社は報告している。

 「現在シリコンが完全に不足している」と、半導体や光電池に使用される多結晶シリコンを製造する米ヘムロック・セミコンダクター社のゲイリー・ホーマン副社長は話す。

 ホーマン副社長によると、2000年から2004年にかけて太陽光発電向けのシリコンの価格がキログラムあたり30ドルを下回り、多くのメーカーにとってコスト割れとなる水準にまで下落したため、シリコン・メーカーは設備投資に踏み切れなかったのだという。その後、半導体メーカーと太陽光発電業界からのシリコンへの需要が大幅に増えて価格は2倍近くに跳ね上がったとホーマン副社長は説明する。

 ホーマン副社長によると、シリコンのスポット市場(短期的な需要に応じるための比較的少量の売買が行なわれる)で取引している企業は今仮に売り手を見つけられればキログラムあたり80ドルまでなら喜んで払うだろうという。

 ヘムロック・セミコンダクター社は、段階的に生産を増やし、2005年には30%増産するが、同社をはじめとするシリコン・メーカー各社は、工場を新設しない限り需要には追いつけない。

 「ポリ(多結晶)シリコン工場を新設するには3年はかかる」とホーマン副社長は言う。つまりシリコン不足は、2008年まで続く可能性があるということだ。

 ホーマン副社長によると、半導体メーカーは、製造コストに占めるシリコンの割合がかなり低いため、取引されているシリコンについて太陽エネルギー会社よりも高い値を付けることができるという。業界間で「価格競争になっている」とホーマン副社長。

 調査会社の米ガートナー社によると、半導体業界は2007年には10%、2008年には15%の成長が予想され、競争は激化する見通しだという。

 「太陽エネルギー業界はこれまでコンピューター業界で発生するスクラップ・シリコンに依存してきた。これでは成功は見込めない」と、代替エネルギーのコンサルティング企業、米クリーン・エッジ社の創設者であるロン・パーニック氏は話す。

 パーニック氏によると、太陽電池の成長予想に見合うようにシリコンを増産するには、何億ドルもの投資が必要になるという。仮に連邦や州の政府が太陽エネルギーに補助金を出せば、シリコン・メーカーは、いよいよ大規模な投資について検討するようになるだろう。

 パーニック氏が創設したクリーン・エッジ社は、非営利団体『ソーラー・カタリスト・グループ』と協力し、公共および民間投資をもって太陽エネルギーのコスト競争力を高めるための、10ヵ年計画の概要をまとめた報告書を作成している。

 報告書によると、仮に十分なシリコンが入手できれば、連邦政府が10年間で50億ドルの資金を拠出することで、太陽エネルギー業界は米国の電力需要の9%を賄えるほど成長する可能性があるという。

 カリフォルニア州のアーノルド・シュワルツェネッガー知事は、太陽エネルギーに資金を提供することで、電力不足にあえぐ同州における発電量を増やす計画を立てている。同知事は、2018年までに100万戸分のソーラーパネルの設置を促すために、資金の拠出を承認するよう州議会議員に要請している。

| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。