黒木瞳ダイアナ元妃の真実追い欧州訪問

 黒木瞳(46)がTBS系特別番組「プリンセス・ダイアナ 〜衝撃の事故から10年〜」(8月13日放送)のスペシャルナビゲーターを務め、ダイアナ元英皇太子妃(享年36)の足跡を追うため、ロンドン、パリ、サラエボを訪れることが3日、分かった。

 同番組では、昨年12月にロンドン警視庁が発表した事故最終報告書をもとに英テレビ局が制作するドキュメンタリードラマを本国に先駆けて独占放送する。視聴者により深く元妃の葛藤(かっとう)や心の変遷を理解してもらうため、制作側は「元妃の心の動きを伝える表現力や上品さを持っている」として黒木に案内役を依頼した。

 元妃とは同世代。仕事ぶりや私生活が常に注目され、母親であるなど共通点も多い。黒木は映画やドラマ出演に追われ、こうした役回りを引き受けることはほとんどなかった。だが、92年出版の伝記「ダイアナ妃の真実」を読み、「愛を求め、王室内で家族関係に悩む元妃が多くの人から愛されるというギャップ、波瀾(はらん)万丈の人生の中に自分の居場所を求めていく過程に強く心がひかれ、その真実をもっと深く知りたいと思いました」と快諾したという。

 さらに、「少しでも近づきたい」と元妃が苦悩の日々を過ごしたロンドン、悲劇の事故現場となったパリ、生前最後に慈善活動で訪れたサラエボに足を運び、取材に駆け回ることも決めた。日本ではほとんど紹介されたことがないエピソードをつなぎ合わせる役回りも果たす。

 元妃が事故死してから8月31日でちょうど10年。黒木は「愛され続ける元妃の真実をできるだけ分かりやすく伝えたい」と話した。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。