脳や脊髄にインプラント、神経障害を治療(上)

 ミネソタ州セントルイスパーク発――ミネソタ州クーンラピッズに住むドン・フォーク氏(52歳)は、右腕を頭の上まで伸ばしてみせながら、これまで朝になるとどうしようもなく手が震えるせいで、無理やり目醒めさせられていた様子を示してみせた。フォーク氏の頭には、医師によって2本のワイヤーが脳に深く埋め込まれたことを示すかすかな傷跡がある。

 手の震えは、パーキンソン病の進行につれてフォーク氏を悩ませていた多くの困難な症状のうちのたった一例だ。フォーク氏はひげを剃ったり、歩いたりすることも難しかった。薬の副作用で、頭が急に引きつるように動くため、教会では人目が気になった。

 「パーキンソン病で本当につらいのは毎日の生活だ」とフォーク氏は述べる。

 フォーク氏は昨年5月、『ニューロモジュレーター』と呼ばれる最新の体内埋め込み式医療装置の力を借りることによって、症状の回復が見られるようになった。この小さな装置は、中枢神経系と同様のはたらきをして多くの障害を治療する。市場を先導するいくつかの医療技術会社にとって、次の目玉技術になる可能性があるというのがアナリストたちの見解だ。

 もちろん、政府の承認を得る、保険による適切な補填を保証する、多忙な医師たちに装置の使い方を覚えてもらうなど、どの医療技術にも立ちふさがるお馴染みの問題をこれから克服していく必要がある。

 フォーク氏の頭の奥深くで静かに休みなくパルスを出し続けるこの脳深部電気刺激装置は、百億ドルの売上を誇る医療装置会社であり、10億ドルを超えるとされるニューロモジュレーター市場を先導する米メドトロニック社が製造したものだ。

 現在市場に出ている脳深部電気刺激装置はメドトロニック社のものだけだが、米セント・ジュード・メディカル社(本社ミネソタ州セントポール)は、新たに子会社として買収した米アドバンスト・ニューロモジュレーション・システムズ(ANS)社(本社テキサス州プレーノー)によって、独自の装置の臨床実験に入っている。ANS社では、慢性的な痛みを治療するために脊髄に埋め込む装置をすでに販売している。

 セント・ジュード・メディカル社傘下のANS社のクリス・チャベス社長は次のように話す。「8年前には、ニューロモジュレーション(神経調節)などという言葉を誰も口にすることはなかった。今では十分人々に浸透して弾みがつきはじめており、どういう成果が見込めるのか人々が思い描けるようにまでなった」

 テキサス州ヒューストンに本拠を置く米サイバロニクス社は中でも最も規模の小さな会社だが、頸部の神経に電気刺激を与えることによっててんかんを治療する装置を販売している。米ボストン・サイエンティフィック社は、人工内耳を製造する米アドバンスト・バイオニクス社(本社カリフォルニア州シルマー)を買収することによって、2004年に市場に参入した。

 これらの企業買収は、米国を先導する医療技術会社の中にさえ、ニューロモジュレーションが将来の一端を担うと考えている会社があることを示していると、米A・G・エドワーズ社のアナリスト、ジャン・ウォールド氏は説明する。

 「各企業は成長を求めていて、それをニューロモジュレーションに見出したのだ」とウォールド氏。

 メドトロニック社、セント・ジュード・メディカル社、ボストン・サイエンティフィック社ではいずれもニューロモジュレーション装置の売上を公表していない。

 しかし、昨年11月に14億ドルでセント・ジュード・メディカル社に買収されたANS社の四半期売上を見ると、買収される前の最後の四半期の間に26%増加して3930万ドルになっている。サイバロニクス社は、1月27日に終了した四半期の売上が19%増加して3130万ドルになったと発表した。ただし同社は、薬物耐性のある慢性のうつ病対策として新しく承認されたニューロモジュレーション治療の市場参入準備に費やした巨額の支出によって、全体としては損失を計上している。

 ニューロモジュレーターは、体内埋め込み式の心臓除細動器と技術的によく似ている。この市場は現在55億ドルで、毎年約20%のペースで成長を続けている。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。