『テレディルドニクス』マシンの作り方を教えるサイト

 先週の記事で、私はセックス・ライターのバイオレット・ブルーが遠隔操作のセックスマシン『スリルハマー』を試用するという話題を取り上げた(日本語版記事)。ニューヨークにあるスリルハマーをサンフランシスコにいるブルーがノートパソコンで操作するといった内容だった。その記事で触れなかったことがある。スリルハマーの価格だ。

 スリルハマーの価格は、プラチナモデルだとおよそ4900ドル、プラチナモデルからバイブレーター機能を取り除いたゴールドモデルでおよそ4200ドルになる。特注モデルの場合は、オーダー内容によって価格が変わる。

 仮に何千ドルものお金を好きに使える余裕があったとして、それをインターネットを介したセックスのための椅子につぎ込むだろうか? それだけのお金があれば、かなりいいオートバイやホームシアターだって手に入るというのに。

 私とは違って、オートバイやホームシアターはそれほど欲しくないという読者の方もいるだろう。それでも――私が間違っている可能性はあるが――マルチメディア装備のディルド(張形)付きリクライニングチェアに4900ドル、またはそれ以上のお金をつぎ込むなどという人は、ほとんどいないのではないだろうか。だいたい、買ったとしてもどこにしまえばいいのだろう? (念のために言っておくと、しまう場所に困るのはスリルハマー本体だ。ディルドの隠し場所なら、私にも心得がある)

 いろいろと否定的な面を挙げたが、だからといって『テレディルドニクス』の可能性(日本語版記事)を目の前にしながら、みすみす逃す必要はない。

 セックスとテクノロジーの関係を考えるサイト『スラッシュドン』の主宰者、自称『qドット』(qDot)は、機会さえあれば誰でも遠隔セックスに参加できるようにならないものかと考えている。しかも、そのためにユーザーが大金を支払わずにすむようにしたいという――数千ドルどころか、米シニュレート・エンターテインメント社や米ハイ・ジョイ・プロダクツ社のサービスを利用し始める際にかかる100ドルちょっとの費用さえかからないように、というのだ。

 「最初の思いつきは冗談みたいなものだった」とqドットは語る。「5、6年前の話で、ばかばかしい思いつきだったが、パソコンゲームの『Quake』に大人の玩具を接続してみた。『すごい、ゲームで人を撃つとバイブレーターの動きが速くなる』などと考えていた。だがそのうちに、実はこれってすごいアイディアだと思うようになっていった」

 qドットの本職はロボット工学のエンジニアで、有名な研究所に所属している。それもあって、オンラインでの自分のキャラクターとオフラインの実生活を完全に切り離している。qドットの婚約者はネット上での課外活動に賛成してくれているが、上司がそこまで物わかりがいいとは限らないからだ。

 qドットが『テレディルドニクス』――同じ部屋にいようと、違う部屋にいようと、5000キロメートル近く離れていようと、同じようにインターネットを介してコントロールできる大人の玩具の総称――に魅せられるようになったきっかけには、ビデオゲームへの強い関心があった。

 「再コード化も拡張もできないという昔のゲーム環境で、フォースフィードバック信号を使ってよりリアルなものを実現しようという話なのだ」と、qドットは語る。

 qドットの指摘によると、フォースフィードバックの機能はパソコンゲームでは1980年代から、プレイステーションでは1990年代中ごろから使われている。

 このとき電話の向こうで、qドットが肩をすくめるのがわかった気がした。「一言で言うと、(フォースフィードバック用の)モーターに行く電流を、配線を変えて別のところに流すだけだ」

 なるほど、qドットやブルーのようなロボット工学のエンジニアには簡単な作業なのだろうが、私たち一般人にとってはどうだろうか?

 「ロボット工学や電子工学の専門家ならだれでも扱っている基本的な発想は、大人の玩具にもぴったりあてはまる」とqドットは語る。「インターネットを通してバイブレーターをコントロールするのに使われる回路は、小型のロボットや趣味の電子工作に使われているのと同じものだ。だから、最初のハードルは実はかなり低い」

 qドットがスラッシュドンを立ち上げたもう1つの理由も、そこにある。このサイトに載せられた手引きに従えば、セクササイクル(人工ペニスが付いたエクササイズ用自転車)やセックスボックス(SeXbox:成人指定のXbox)を自作できる。もっと多くの人に、ロボット工学を体験してそれほど難しくないのだと理解してもらいたい、というのがqドットの狙いだ。

 qドットはロボットやちょっとした電子装置の組み立て方を教えるサイトを5つ管理しており、スラッシュドンはその1つにすぎない。ほかには、『デスボッツ』といったサイトがある。

 「(デスボッツは)私が運営する中では『健全な』サイトだ。しかし、たくさんの読者を獲得するにはいたっていない。そこで大人の玩具とテレディルドニクスを用いて、工学を教えることにした」とqドット。

 テレディルドニクス・システムを自作したいと思う動機は、既製品が高すぎるという理由ばかりではない。プライバシーの問題も動機の1つだ。とくに、ドラッグストアの店先でバイブレーターを買えない地域(残念ながら、アラバマ州がそうだ)では、この問題は大きい。

 「多くの人がセックス関係のものになると自制心をなくし、オンラインに名前とクレジットカード情報を流してしまう」と、qドットは語る。

 「自作のソフトウェアか、オープンソースのソフトか、とにかくその手のものを使って自力でやればお金を使わずに済むし、大手のサービスに登録する必要もない。それに、自分の好みに合わせて好きなようにカスタマイズできる」

 スラッシュドンのサイトにヌード画像は見あたらない。ひょっとすると今後は人の身体すら目にしなくなるかもしれない。プロジェクトを図解する写真でも、『ロボサピアン』などのロボットに部品や大人の玩具を持たせればいいとわかったからだ。

 qドットにとって、スラッシュドンは工学と教育をテーマとしたサイトであり、アダルトグッズや娯楽を扱うサイトではない。「自分はセックスのエンジニアリングより、エンジニアリングのセクシーな部分に興味がある」と、qドットは言う。

 しかしすぐに続けて、qドットは独身者にとっての利点――インターネット上で誰とでもセックスができる可能性が生まれる――を挙げ、加えて独り身でない人に対しては「テクノロジーで一夫一婦制を維持しようとする試みの一部だ」と、メリットを語った。

 「自分の大人の玩具を手に入れ、米ラジオシャック社の店に駆け込み、部品を買う――そうすれば、性的な快感を得られるだけでなく、電子工学やモーター制御、ロボット工学など、いろいろなことを学べる。セックスにさまざまなものを利用するだけでもすごいことだが、そのときに学び終えたことはすべて、他のことに挑戦するときにも役立つ」と、qドットは述べた。

 qドットと話をするまで、私は自分でテレディルドニクス・システムを作るなんて考えたこともなかった。今は、時間ができたら、何か簡単そうな工作にでも取り組んでみようかと考えている。

 とりあえずは、新しいオートバイを買うために貯金を続けよう――これにはディルドはついていないけれど。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。