どこへ向かう? セックスの「技術革新」

 仕事の関係上、私は多くの大人のおもちゃを見てきたが、こうしたものを見ていると当惑してしまうことがときたまある。「何のつもりなのだろう?」私は自問しながら首をかしげ、別の角度からおもちゃを眺めてみたりする。こんなものを本当に買う人がいるのだろうか? こうした物が存在する私たちの社会の構造について、おもちゃを見ることでわかってくることでもあるのだろうか?

 こうした物を見る限り、技術的制約さえなければ私たちの性的な空想は何でも具体化が可能で、しかもその制約は年を追うごとに緩くなってきているらしい。

 ときには、私たちの努力が限界を打ち破り、それまではまったくなかった、斬新なものが発明されることもある。たとえば、『テレディルドニクス』(日本語版記事)や『ディルド自作キット』などだ(人類は大昔から木、石、ラクダの糞と松やになどを使ってディルド張形を作っていたが、この自作キットでは速乾性のゲル状溶液を使用して、5個のディルドの作成が可能な鋳型を作る。なかなかオタク心をくすぐる製品だ)。

 ちょっと見たところ、ほとんどの大人のおもちゃは女性向けに作られているか、少なくとも男性が女性に対して使うもののように思われる。しかし、ほんとうの意味で、技術革新を率いているのは男性向けの大人のおもちゃだ。

 たとえば『サイボーガズマトリックス』巨乳のモデル、パンドラ・ピークスを型どった実物大の「代理パートナー」を見てみよう。この人形の鋳型の製作には13ヵ月の期間と10万ドル以上の費用がかかっている。さらには購入者の注文によって、さまざまな肌の色合い、目の色、髪型などを指定し、好みの姿の人形を作ることも可能だ。

 人形はどれも、人間と同じように動く関節を持つ金属性の骨格、上下動する骨盤、本物に限りなく近い感触の巨大な乳房を備えている。また、付属で、パンドラ・ピークスが実際にセックスをしているところを収録した立体音声、ワイヤレス・ヘッドホン、ミニディスク・プレーヤーも同梱されており、さまざまな感覚を総動員して、疑似体験にどっぷり浸れる仕掛けだ。

 しかし、セックスに関する技術に、最近になって新たな要素を加えたのは大人のおもちゃではない。それは、男女の関係をテーマにした、男性向けのゲームだ。

 このゲームは『V-girl』(バージョン1.0)といい、開発元は香港に本拠地を置くアーティフィシャル・ライフ社、ゲーム内容は仮想ガールフレンドと遊ぶというものだ。Javaモバイル情報デバイス・プロファイル(MIDP)1.0を採用した第2.75世代、または第3世代の携帯電話を使えば、仮想のガールフレンドとチャットや口げんかをしたり、口説いたりできる。さらには彼女にプレゼントを買ってあげたり(これも「プロダクト・プレースメント」[映画やドラマなどに商品を登場させる広告手法]と言えるだろうか?)、仮想デートに連れ出したり、彼女の夢の世界に入ったりすることも可能だ。

 『V-girl』のFAQによると、ゲームの目的は「友達を作ること」だという。この説明を読むと、『ザ・シムズ』の世界の住人の『シム』の1人と恋に落ちたときのような気分だろうかという感じがする。

 私にとって『V-girl』が興味深いのは、セックスではなく、人間関係をシミュレーションしているからだ。しかも、このゲームは明らかに成人を対象としている。

 このゲームを見ていると、パープル・ムーン社という新興企業が女の子向けコンピューター・ゲームの開発を始めた、20世紀の終わりごろのことが思い出される。同社は、『ロケット』という名前の主人公と、中学生の友達が登場するゲームのシリーズを作っていた。しかし、女の子たちが他のゲーム・プレイヤーやキャラクターと人間関係を築くことがゲームの一部になっていたので同社は非難を浴びた。

 冒険好きな女の子たちはこのゲームに夢中になった1ヵ月で1200万ものページビューがあったにもかかわらず、結局はパープル・ムーン社に批判的な人の言い分のほうが正しかった。当時、この種のゲームでは収益を上げられなかったのだ。同社は倒産に追い込まれた。

 それからわずか数年しか経っていないというのに、今では男性向けの「人間関係」ゲームに、女性の人工知能キャラクターが登場するようになった。ただし、昔の女の子向けゲームと違うのは、成人向けの主題を扱っている点と、プレイヤーがコンピューターに張り付いたり、ゲームに見苦しいまでに夢中になったりする必要がないという点だ。

 『V-girl』が成功するかどうか、今の時点ではなかなか予測はつかない。アーティフィシャル・ライフ社は、2005年には仮想ボーイフレンドを売り出す計画だが、そのときには、私たち女性が、わざわざ金を払ってまで架空の関係を結びたいと思っているのかどうかがはっきりするだろう。でも、SMS(ショート・メッセージ・サービス)を使って現実の人間を口説ける(日本語版記事)というのに、『V-girl』のキャラクター、『ビビアン』に勝ち目はあるだろうか?

 最近、私は『セックス・ドライブ』フォーラムで調査を行ない、ハイテクだけを使ってロマンチックな夜を過ごすとしたら、どんな手段を選ぶかと尋ねてみた。もちろん、この調査は、項目もまるで勝手に選んだもので、非科学的なものだが、結果が私の予想の範囲内だったことを考えると、すべての人たちに当てはまる、有効な調査結果が得られたと考えて間違いない(かな?)。

 人々が惹かれるのは、セックスという行為そのものを行なう機械ではなく、人間関係を築く技術だ。私の調査ではウェブカメラが第1位を獲得し、チャット・クライアントの『mIRC』とインスタントメッセージが僅差で続いた。いずれも振動したり、膨張したり、突き入れたり、吸い込んだり、生殖器を刺激したりはしない。人間関係を築く技術は、私たち、つまり生身の人と人を結びつけるだけだ。

 私たちはセックスをさらによいものにしようと、技術を使って絶えず試行錯誤を重ねているが、こうした探究は性的快感を求める人類の欲望の強さを反映しているにすぎない。セックスに関する技術インターネット経由で操作できるバイブレーター、パンドラ・ピークス、AIのボーイフレンドやガールフレンドがいかに発達しようが、生身の人間とのつながりに取って代わることは決してない。

 しかし、だからこそ、技術の限界に挑み、セックスをさらに盛り上げる技術を開発しようとさまざまな実験を行なうことに、私は全面的に賛成する。失敗しても別に失う物はないし、成功すればさらなる快感が得られるわけだから。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。